メニュー

わんぱくドクターコラム カサカサ肌

[2017.10.14]

冬の時期は肌が乾燥しやすいですね。お子さんの肌は潤ってツルツルしている印象がありますが、実は老年期とともに人生の中で最も乾燥している時期なのです。乾燥肌(カサカサ肌)をそのままにしておくと、かゆみの原因となりアレルギー体質のあるお子さんではアトピー性皮膚炎になりやすくなります。私はまさにそうした体質で、冬場は体中かきむしっていました。夜も何度も起きていた記憶があります。

保湿するだけでもかなり違います。症状により、ステロイド剤も使用しましょう。コツは塗る回数、量、タイミングです。12回、肌がしっとりするように十分な量を、風呂上がりは15分以内に塗ります。「毎日塗りましょう」というとガッカリする反応が多いの ですが、「歯磨きをする感覚で」とお話すると安心してもらえます。少しの手間で快適さがまったく違いますので、よろしくお願いします。

カサカサ肌は咳を誘発するという論文も出てきました。喘息の予防にもなりうる可能性もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME